教員

小学校受験に合格する|子ども合った塾探しの旅

体を動かす

学習

体を動かして遊ぶことで体力を付けることができます。ですが、近年の子どもは外で遊ぶ機会が少なくなっています。外で遊んでもゲームや本を読む子ども多いでしょう。そのため、運動ができないといった子どもが増えています。また、体を動かさないでいると、転んだ時に骨が折れやすい体質になってしまう可能性もあります。そのためにも、体を動かしたスポーツの習い事をさせると良いでしょう。子どもにスポーツの習い事を始める方が増えています。スポーツの習い事となると、サッカーや野球、バスケットボールなどをイメージしますよね。最近では、ラグビーやテニス、体操といった様々なスポーツの習い事があり、子どもが好きなものができます。スポーツの習い事を始めることで、基礎体力を付けられますが、体や骨が丈夫になります。そのため、怪我や病気をしにくい体質にしてくれでしょう。さらに、水泳の習い事を始めることにより、喘息持ちの子どもでも症状を抑えることにも繋げられます。心肺機能が向上し喘息だけでなく、風邪もひきにくくしてくれるのです。

子どもに習い事を始めようと考えている方は、スポーツをさせると良いでしょう。スポーツの習い事は体力だけでなく、礼儀を身に付けることができます。スポーツの習い事は幅広い年齡の子どもが一緒に練習をしますよね。また、コーチや指導してくれる先生を始めとした大人と関わります。多くの方と接することで自然に礼儀を身に付けられます。スポーツの習い事をさせたら子どもが怪我をしてしまう心配はありますが、それ以上に心身共に良い効果を期待することができます。